アクセス解析
くっさいくっさいねこりの墓はこちら -映画- 

 スポンサーサイト

カテゴリースポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.08.28(金)

 『バイオハザードⅢ』 レビュー

カテゴリー映画
DVD買った。
うむむ、まあ面白かった。
ただしホラー要素↓、なのは自分の基準で若干のマイナス点。
ホラー↑+アクション↑ というのが理想形かな。
シリーズを追うごとにアクション性は増してきているとは思う(爆発、火炎、格闘シーンなど)。
その辺りはゲームと共通する部分ではあるかな。
お気に入りのシリーズではある。

主観のみで採点すると、

ストーリー:D
アクション:B
ホラー:B
映像:B-
音楽:D
スポンサーサイト
│posted at 01:49:48│ コメント 2件トラックバック 0件
2007.09.24(月)

 CM見てて・・・

カテゴリー映画
オーランド・ブルーム テラかっこよス
│posted at 23:25:20│ コメント 0件トラックバック 0件
2007.04.14(土)

 『バイオハザードII アポカリプス』 感想

カテゴリー映画
ストーリーは前作の続き。
プレステのバイオハザード3の主役、ジル(シエンナ・ギロリー)が登場。
主人公(?)のアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)がますますパワーアップしていて、ゾンビの集団ごときにはやられる要素無いとか。
おまけにラスボスのネメシス(追跡者)とは実力が五分という設定であり、人間が体術でネメシスとボコボコ殴り合う姿は、ゲーム経験者から見たら違和感しかない。
これはやりすぎ
しかもそのネメシスが最後仲間になってるしw

あと、全体的なホラー要素は薄いか。
女ゾンビの顔とかは怖い。

この作品を面白いか面白くないかで答えるのなら、俺は面白いと言う(・∀・)
「ホラー」と「アクション」と「バイオ」好きの人間なら、楽しめるかと思う。
サブテーマ:映画感想 
│posted at 13:32:31│ コメント 2件トラックバック 0件
2006.12.13(水)

 『アナコンダ』 感想

カテゴリー映画
主演のジェニファー・ロペス『シャル・ウィ・ダンス?』の人。結構好き。
悪役のジョン・ヴォイトが、女優アンジェリーナ・ジョリーの実父だというのはわりと最近知った。

で、映画感想。
まず言わせてもらえば、実際のアナコンダはあんなに攻撃的ではありません
あそこまで機敏じゃないし、超スピードで這うことも突進することも船体に獄長タックルすることも出来ない。
ましてや落下する人間を空中キャッチすることなんて、ぜったーーいにムる。
ナンセンス極まりない
チャンチャラおかしい
生き物好きからすれば、もう少しリアルな蛇の動きをさせて欲しかった。

まぁでも、「爬虫類」「巨大生物」「密林」好きなら面白い映画だろうと思う。
俺がそうだから(笑)
サブテーマ:映画感想 
│posted at 00:13:37│ コメント 0件トラックバック 0件
2006.10.25(水)

 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』 感想

カテゴリー映画
トム・クルーズブラッド・ピットの共演作品。(またブラピ
ストーリーは人間社会の裏に潜む吸血鬼達の話
作品自体は全体的に暗めの構成で、物悲しい雰囲気が何故だかとても魅力的。
観終わったあと、この作品も自分の中のお気に入りに追加(・∀・)
てかこの映画、中学時代に観たことあるような。
ワニ食うところや首カッ斬るところなんか、見てて所々覚えてたシーンあり。

んでまぁ、トム・クルーズが格好良すぎな作品でもある。
ちなみに彼の声優さんだったのはこないだ亡くなった天津飯の人。
これもまたよさげ(;_;)

観た映画に親しめるかどうかは内容もそうだが、それ以上に作品内の雰囲気で決まるところが強いだろうと感じる。
サブテーマ:映画感想 
│posted at 23:31:33│ コメント 0件トラックバック 0件
2006.10.24(火)

 『ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ』 感想

カテゴリー映画
ホラー? 推理モノ?
エミリー役のダコタ・ファニング・・・・
「チャーリー!チャーリー!チャーリー!」
とかキチガイかコイツ
しかしこの子、所々で人形の顔面つぶしたり、一人で洞窟入ったりとか“ちょっと変わった行動”(?)してたのだけど、最後を見ると悲運な普通の子に見えてくる。
で、狂ってたのは実は一番まともそうだった主役であり父親のデヴィッド(ロバート・デ・ニーロ)というオチ。
で、デヴィッドは二重人格でおkなのか?
なんなのかよく分からん。

まぁ、謎めいた雰囲気が良かった映画ではあった
サブテーマ:映画感想 
│posted at 23:23:16│ コメント 0件トラックバック 0件
2006.10.15(日)

 『マネキン』 感想

カテゴリー映画
久々にこのブログのメインである映画の感想を更新
ということで遅れ馳せながら『マネキン』感想。

ストーリーは結構単純。
観ていて心が安らぐラブストーリーもの。
決してホラー映画ではありません(笑)

同じラブストーリーもので、前に観た『ジョー・ブラックをよろしく』も良かったけど、自分としてはこっちの方がお気に入り度は↑
普通に面白い作品かとです(・∀・)

主役のジョナサン(アンドリュー・マッカーシー)が、マネキンと恋をするという空想的なシナリオは、何か引き寄せられるモノがある
マネキンのキム・キャトラルはとても綺麗でした
収録時間も91分と短く仕上がってるのもまたいい。

1987年に映画館で上映されたってことは、19年前の映画なのかぁ
サブテーマ:映画感想 
│posted at 21:11:13│ コメント 2件トラックバック 1件
2006.09.25(月)

 『マーズ・アタック!』 感想

カテゴリー映画
大勢の火星人が円盤に乗って地球にやって来た!
「友好のために来た」とか言いながら、実は地球を破壊することしか考えてないタコ火星人
歩み寄ってきた大勢の地球人に対し、ただひたすら銃乱射
そして地球破壊
この映画は単に地球侵略のために虐殺を繰り返す火星人達と、それに対抗すべく地球人が撃ち合いするだけの話。

とにかく人間がバッタバッタとよく死にます。
もう、レーザーガンで撃たれまくりで溶けまくり
撃たれた地球人は、肉が溶けてガイコツになってしまうぅ
あれだけ人が死んでんのに、表現がコメディタッチなので残酷さは微塵も感じらず

撃ち合いのシーンが多い映画ではあるが、作品自体はアクション性よりもコメディ性の色が濃い
この作品は、何も考えずに無心で観ることができるので、疲れた時などにどうぞ
ある意味、お薦めの一本です(・∀・)
サブテーマ:映画感想 
│posted at 23:12:42│ コメント 1件トラックバック 0件
2006.09.19(火)

 『ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版』 感想

カテゴリー映画
ハリソン・フォードを見たのは何十年ぶりだろうか。
この映画のDVDの裏のパッケージを見てふと気付いたのが、監督がリドリー・スコットだったこと。
この人物は確か・・・、『エイリアン』の監督もしていたハズ
どおりでこの作品もSFチックなのか~、と勝手に想像。

で、内容は数人のレプリカント(アンドロイド?)が宇宙から地球に進入してきて、何やら自分達を造った産みの親を探し、ブレードランナー(警察)がそれを阻止しようとする話。
レプリカント達は、人間と同じように考え、行動し、仲間が殺されたら悲しむ心を持っている。
物語の焦点は、余命短い(4年間)レプリカント達の必死に“生”にすがり付こうとする姿に当てているのだろうか?
この作品を観る前は、『ブレードランナー』というタイトルから、とてもアクション性の高い映画を連想させられたが、実際は派手なアクションシーンは殆ど無く、話は淡々と進んでいくばかりだ。
最後の場面、レプリカントのリーダー、ロイ(ルトガー・ハウアー)と、デッカード(ハリソン・フォード)のバトルは、何か異彩な雰囲気を放ち、それが何を意味していたのかはハッキリと分からない。
ただ、ロイが必死に逃げ惑いデッカードがひたすらロイを追い掛けたのは、レプリカントのロイが人間に対し、死ぬことへの恐怖を体感させ、命の尊さを分からせたかった故なのか?
で結局最後、ロイは屋上から落ちそうになったデッカードを助け、自分は息絶えて終わる。。
なんだかとても意味深だ

これは“考えさせられる”作品。
です、たぶん。



それはさておき、関係ないけどルトガー・ハウアー見た瞬間、こいつ絶対ブライアン・フューリーのモデルじゃんって確信。
パッケージの裏の画像が激似だし、ググってみると、やはりそうだった。
しかし、作中ではフライングヒールやデスメッセンジャーやパリングなどをやるシーンは全くもって皆無。
逆に、やられても困る。
サブテーマ:映画感想 
│posted at 23:19:25│ コメント 6件トラックバック 0件
2006.09.17(日)

 『Mr.&Mrs.スミス』 感想

カテゴリー映画
ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーが主演のアクション映画。
自分が映画をよく観るようになったのは最近なのだけど、なかでもよく観るのがブラッド・ピットの主演作品
これも何かのめぐり合わせなのかブラッド・ピットに親しみすら覚えてきた今日この頃(*^_^*)

で、この映画の感想。
アクションシーン好きな自分としてはけーこー楽しめた。
話が単純明快で分かりやすくテンポも早い
考えさせられるところは皆無なので、パッと気晴らしに観る時なんかに向いているかもしれない。
主演二人の役柄はともに良かった。
強そうで格好良かったのは、ブラッド・ピットよりもアンジェリーナ・ジョリーの方かな。
サブテーマ:映画感想 
│posted at 22:10:38│ コメント 0件トラックバック 0件
2006.09.06(水)

 『ヴァン・ヘルシング』 感想

カテゴリー映画
フランケンは最後イカダで何処へ・・・。

こうゆうファンタジーっぽいホラーっぽい、怪物がいっぱい出てくる幻想的な世界観はツボ
CGは綺麗だし、自分の好きなアクションシーンも多かった。
ただ、その多かったアクションシーンも主人公のヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)が貧弱で肉弾戦に弱いために(笑)、敵を次々と薙ぎ倒す爽快感には乏しかった。
主役が無敵モード入ってて、敵をバッサバッサぶった斬るアクションが好きな人には物足りないかもしれない。
自分はこの手の世界観の物語は好きなんで、結構楽しめました

まぁしかしこの映画、主役は強くないけど敵もたいしたことない(^^;)
ドラキュラ(リチャード・ロクスバーグ)の手下の女3人衆は、顔コワイわりに聖水の矢ブチ当てただけで「シュワーッ」って死んでく始末(笑)
さらに、ボスのドラキュラに至っては情けないほどに弱くてビビる(笑)
コイツは偉そうな口叩いてたくせして、野獣化したヴァン・ヘルシングの前に為すすべ無く凹られ、最後は何で死んだのかよくわからんぐらいあっけなく散った。
で、その何で死んだかよくわからんでしょー(?)の極めつけは、敵ではなくヒロインのアナ(ケイト・ベッキンセール)。
野獣化したヴァン・ヘルシングの獄長タックルくらっただけで死亡(笑)
死因は用度担当さん曰く“圧死”ではないか?とのこと(笑)
まぁ他には“吹っ飛ばされた時に後頭部を強打した”や“ショック死”などが考えられる(考えてどーする)。

ところで、作中の“ヴァン・ヘルシングの過去”って結局何だったのかが、よく読み取れなかったお(^ω^;)
誰か分かる人、説明してください
サブテーマ:映画感想 
│posted at 22:25:38│ コメント 0件トラックバック 0件
2006.09.05(火)

 『ジョー・ブラックをよろしく』 感想

カテゴリー映画
死神ジョー・ブラックを演じるブラッド・ピットが若くて格好良かった。

ストーリーはゆったり淡々と進んでゆく。
181分間というのは少し長くも感じたけど、ダラダラ感には思わなかったのでおk。
ジョーが大手企業の社長ウィリアム(アンソニー・ホプキンス)の豪邸に住み着き、食事や重要な会議にもお構いナシに同席するのには笑えた
あと、ピーナッツバターがあんなに美味そうに見えたのは初めて
終盤、ジョーがドリュー(ジェイク・ウェバー)を陥れるために「自分は国税調査官だ」みたいな発言をしたシーンで、
思わず俺も、「えー、これが“どんでん返し”なのか 実はジョーは死神じゃなくて国税調査官だったのかー!」
・・
・・・なんて、一瞬だまされそうになった
てか、あそこは“ひっかけ”じゃなく、単に俺が勝手に勘違しただけなのかもしれん。てか、それすら分からん(^^;)

で、ちょっと謎なラストが、ジョーとウィリアムが二人で去って行ったシーン。
一人戻ってきた人物は最初に死んだ若者?
あと、ウィリアムの娘のスーザン(クレア・フォーラニ)は至って冷静にその事実を受け止めていたけど、スーザンは父親とジョーが去っていったということを分かっていたのかな?

最後は花火のシーン
サブテーマ:映画感想 
│posted at 21:56:55│ コメント 2件トラックバック 0件
2006.08.31(木)

 『フライトプラン』 感想

カテゴリー映画
「容疑者は乗客全員...」とか言ってたCMが、妙にカッコ良く思えた映画『フライトプラン』
前々から“観たい”と思っていたが、念願ついに叶って観ることがてきた。

ミステリーの舞台は旅客機の中。
主役であるカイル(ジョディ・フォスター)の6歳の娘ジュリア(マーリーン・ローストン)が暗い機内で姿を消してからストーリー中盤ぐらいまで、謎が犇めいてとてもわくわくした。
途中、娘が消えたのには“母親の勘違い説(妄想)”が浮上したが、もしそれがオチだったら結末としては捻りが弱過ぎなので、それだけは絶対無いと思って観てた。まだ時間もたくさん残ってたしね。
見事、それだけは無かった(^^
で、ついに犯人登場!
ってオマエかよ。なんかすごく普通w
犯罪のスケールが超どでかいわりには犯人のスケールが全てにおいて小さい。
共犯者のスッチーの存在も意味不明。
そして、その共犯者のスッチーに「あなたに人が殺せるの?」とか根拠不明瞭な問い掛けをする“全てを知るもの”降臨中の主人公。

で、結局始めに疑われたアラビア人(?)は犯人じゃなく、逆にとてつもない被害者だったのだ
なぜ主人公から詫びの言葉が無かったのかが解せない・・。
しかもその可哀相なアラビア人に最後は荷物まで「ヒョイッ」って持ってもらったくせして、、彼に対して余裕の笑みで無言の返事をする主人公。
ちょ、、、何様だ、、貴様(`´)

最終的に娘は救出されたのだが、これをハッピーエンドと言ってはいけない。
サブテーマ:映画感想 
│posted at 22:31:57│ コメント 1件トラックバック 0件
2006.08.31(木)

 『スナッチ』 感想

カテゴリー映画
感動モノ映画かと思ってたら全く違う(笑)
それに主役はブラッド・ピットかと思ってたけど、どうやらこれもそうゆー訳でもないようだ^^;

最初、ぼーとしながら40分観たけどサッパリ内容が掴めず、始めから見直す。
映画見慣れてないと、こうなるのだろうか。
次はやや気合い入れて観た。
しかし何だろうか、、、この映画、他と何かが違う・・!?
ストーリーは登場人物の誰かに焦点をあてたものではなく、癖のある人物達がそれぞれの視点から話を展開していくという感じ。
なので場面は頻繁に変わる。
大部分が独特のノリだけで進行していくそのストーリーは、観ていて先が読めないが、飽きない。
黒人泥棒3人組と他の人物との絡みなど、随所で笑えるシーンも有り。
“見応えある”という表現は当て嵌まらない気がするけど、独特のテンポとノリと個性的な人物達がマッチして、とても面白い作品であった。
何かを深読みしながら観てはいけない映画かもしれない。
サブテーマ:映画感想 
│posted at 22:21:14│ コメント 2件トラックバック 0件
2006.08.22(火)

 『オーシャン・オブ・ファイヤー』 感想

カテゴリー映画
見る前は馬のレース映画って聞いてたから、競馬映画かと思ってたら全然違った
それは4800キロにも及ぶアラビアの灼熱砂漠を横断する過酷な超長距離レース。
あーゆう大自然が舞台の映画って好感持ててグー
砂漠の映像はとても美しかった。
そしてイナゴの大群。見た瞬間、即思い出したのが「うわー、イナゴが来たー!」の横山光輝三国志。
イナゴ食べてたけど、普通に美味そうに見えたし
ホプキンス(ヴィゴ・モーテンセン)がレース一旦放棄して姫救出に向かった時に、同行した黒人が謎に強すぎたのが印象的(笑)。
ゴール直前のヒダルゴの猛スパートでライバル2人抜いて優勝したシーンは、物語にはありがちな展開だが胸がスカッとしました。
なんだかんだで、主役やその仲間が死んだりせずに、ハッピーエンドで終われる話というのは気持ちのいいものなんですね
サブテーマ:映画感想 
│posted at 21:44:32│ コメント 6件トラックバック 0件
2006.08.22(火)

 『バイオハザード』 感想

カテゴリー映画
主役のアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)強すぎ!(ゲームじゃ素手ではゾンビとは戦えません(笑))
水中女ゾンビこわー
レイン(ミシェル・ロドリゲス)の死にそうな目つきこわー
レーザービームの部屋こわー

しかし、この手の恐怖映画は好きな方なので楽しめた。
終わり方が中途半端なのは、続編を見ろということなのですね
んじゃ、見ます
サブテーマ:映画感想 
│posted at 21:07:34│ コメント 0件トラックバック 0件
2006.08.14(月)

 『トロイ』 感想

カテゴリー映画
2、3日前だけど職場の子から借りたのがきっかけで、久しぶりにDVDで見た洋画『トロイ』
映画自体稀にしかに見ないことで知られる(?)俺が、ホントに約何年ぶりかに始めから終わりまで見た映画でもあった
で、まず初っ端忘れてたのがPS2によるDVDの操作。もういきなりコントローラのボタン対応が分かんねー 一時停止ってどうするんだっけ? とかで出端をくじかれもう心はパワプロでもやりそーな方向へ、まぁ最初だからね
見始めは全然集中できなかったが、30分程見てると、普通にまわりのことが気にならなくなってきた。
1時間程見てると、まわりのことを考えなくなってきた。
これって集中してるからかな(・・?)

で、本編の内容なんだが、大掴みに言えば昔のギリシャの国盗り戦争モノで、「三国志」「聖闘士星矢」足して2で割って少々のプラスα加えた感じにやや近い。
なかなか良かった
音声はずっと英語に日本語字幕で見てたけど、途中一瞬だけ日本語音声にしてみたら、登場人物の声の変わりっぷりが凄かった。
しかもなんか昔「北斗の拳」で聞いたことあるよーな声とか(笑)

本編見終わったあとに、付属の特典ディスクも全部見たし、久々にまともに映画を見たのでありました
次にも期待
サブテーマ:映画感想 
│posted at 00:28:04│ コメント 3件トラックバック 0件
1992.09.09(水)

 検索(BlogPet)

カテゴリー映画
きょうは集合した?
それでかさかさはヒット曲を検索しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「ねこり」が書きました。

投稿日 2008年9月9日
│posted at 09:19:55│ コメント 1件トラックバック 0件
1992.06.06(土)

 ねこりは銀行がほしいな(BlogPet)

カテゴリー映画
ねこりは銀行がほしいな。
ありらんもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ねこり」が書きました。

投稿日 2008年6月6日
│posted at 07:31:01│ コメント 0件トラックバック 0件
1992.05.30(土)

 寝事故3(BlogPet)

カテゴリー映画
ありらんの「寝事故3」のまねしてかいてみるね

電車の乗客に思えたw

*このエントリは、ブログペットの「ねこり」が書きました。

投稿日 2008年5月30日
│posted at 07:32:23│ コメント 0件トラックバック 0件
1992.05.16(土)

 私の好きなアーティスト(BlogPet)

カテゴリー映画
ありらんの「私の好きなアーティスト」のまねしてかいてみるね

邦楽歌手にはたくさん好きな人がいる。
ガロもいいね?
ガロも、ゴダイゴもいいね。
ガロもいい、沢田研二もいい、それから研ナオコも)別格は山口百恵

*このエントリは、ブログペットの「ねこり」が書きました。

投稿日 2007年5月16日
│posted at 07:56:50│ コメント 0件トラックバック 0件
カウンター

  

 

 
最近のコメント

  • 02/12:アソラソ

  • 02/12:アソラソ

  • 02/08:カシマ

  • 02/08:カシマ

  • 12/23:アソラソ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。